ハマシギ(浜鷸 )は、チドリ目シギ科に分類される鳥類の1種。ユーラシア大陸と北アメリカの北極海沿岸のツンドラ地帯で繁殖し、冬季は中国南部、中東、地中海沿岸、アフリカ西海岸、北アメリカの東海岸・西海岸に渡り越冬する。 日本では旅鳥または冬鳥として、全国各地に渡来する。日本で最も多く見られるシギ類の種のひとつである。全長は約21cm。干潟や砂浜や河口などの海岸部にも生息する。肉食性で、地上で貝類、甲殻類、ゴカイ、昆虫類、干潟表面のバイオフィルムなどを捕食する。干潟だけでなく、干上がった溜池でも食事をする。

☆ちょっと時期ズレしてます
クロハゲワシちゃんの続き
満潮に合わせて、移動です
ソリハシセイタカシギちゃん探しです
干拓の左側は人が多かったので、私達は右側へ
以前来た時、沢山の鳥さんが満潮に合わせて、右側に来てたので来るのでは~
ですが、待てど待てども来ません
途中で真ん中辺りまで探しに行ったのですが、見つかりませんでした
飛んで来るのかなぁ~
そう思いながら待ってると、どんどんハマシギちゃんがやって来ます
DSC_5589-強化

気づけば周囲はハマシギちゃんだらけ
DSC_5603

座ってボーッと観察してると目の前まで来て可愛い
DSC_5622-強化
DSC_5621-強化

ちょっとだけ撮影パチリ
ですが可愛いので、目的を忘れ……(笑)
ハマシギちゃんと戯れてました
DSC_5596-強化
DSC_5595-強化
DSC_5593-強化

ちょっと可愛いく撮れたかな
続く
Nikon D850
AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR